スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事の大事は5分で決まる 宮家邦彦

(どんな本?)
・元外務省のキャリアで、現在キヤノングローバル戦略研究所主幹の方が著者。外務省では、中東、アメリカ、中国などで外交官として勤務。
・51歳で退官した著者が、1)情報の入手法(人脈術)、2)人脈を生む語学力(語学術)、3)語学を駆使した交渉法(交渉術)、4)一味違う発想法と発信力(メモ術とプレゼンテーション術)、5)情報の分析法(発想術)、6)情報の選択法(情報術)、7)緊急事態の対処法(危機管理術)について、主に外務省で勤務した27年間で個人的に蓄積してきたテクニックらしきものを整理したもの。
・本人曰く「普通の日本人は勿論のこと、外務省の先輩・同僚ともかなり異なる」


仕事の大事は5分で決まる仕事の大事は5分で決まる
(2013/09/26)
宮家 邦彦

商品詳細を見る

続きを読む

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

聞き上手 話し上手 佐藤可士和

(どんな本?)
・アートディレクターの佐藤可士和氏が、会いたい人に会うという「可士和談義」。『UOMO』誌上での連載で登場した人物の中から38人分のダイアログを収めたもの。
・登場するのは、音楽家、作家、建築家、経済学博士、詩人、女優等多士済々ですが、佐藤氏の「引き出す力」が発揮されて、有名人の意外な面やちょっとした「いい話」を知ることが出来ます。

続きを読む

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

だから人は本を読む 福原義春

(どんな本?)
・資生堂の元会長・社長で、読書家としても非常に有名な福原義春氏が著者。そんな、福原氏が冒頭の「はしがき」で言う。「読書は人の生存にとっての必需品ではないが、人生の必需品なのだ」と。
・本書は、著者の読書体験や、読書に関する考え方、そして影響を受けてきた本の紹介等「本好き」にとっては「ブックガイド」として読んで損のない本に仕上がってします。

続きを読む

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

オフィスプレーヤーへの道 藤岡和賀夫

(どんな本?)
・著者は大手広告代理店・電通にて、「いい日旅立ち」「フルムーン」(国鉄)、「モーレツからビューティフル」(富士ゼロックス)等の広告プロデュースで、一世を風靡した方。
・本書は世間一般が考える狭い意味での「出世」ではなく、サラリーマンにはもっと広い意味での出世があるはずと、読者に問いかける内容となっています。

続きを読む

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

イノベーション・オブ・ライフ クレイトン・M・クリステンセン

(どんな本?)
・ベストセラーとなった『イノベーションのジレンマ』が有名なハーバード・ビジネススクールのクレイトン・クリステンセン教授が著者。

・彼は毎年講義の最終日にどうすれば幸せで充実した人生を送れるかについて、学生たちと話し合う機会を持っていますが、本書は学生たちの希望により2010年の卒業生全員に対して行われた講義の内容をもとに、共著者とともに加筆、書籍化。

・優秀であるがゆえに失敗してしまう既存企業と同じで、才能にあふれた、達成動機の高い学生が、優秀であるがゆえに不幸な人生を歩んでしまう。本書はそんな人生のジレンマを乗り越える手助けをするために書かれたもの。

続きを読む

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

Feedly
follow us in feedly
広告
プロフィール

エル

Author:エル
投資歴25年以上の個人投資家です。【L】米国株投資実践日記とは別に、FC2ブログでは読んだ本の感想のみを投稿します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
656位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
386位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリーダー
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。