スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だから人は本を読む 福原義春

(どんな本?)
・資生堂の元会長・社長で、読書家としても非常に有名な福原義春氏が著者。そんな、福原氏が冒頭の「はしがき」で言う。「読書は人の生存にとっての必需品ではないが、人生の必需品なのだ」と。
・本書は、著者の読書体験や、読書に関する考え方、そして影響を受けてきた本の紹介等「本好き」にとっては「ブックガイド」として読んで損のない本に仕上がってします。
(引用)

・私という人間は今まで読んだ本を編集してでき上がっているのかもしれない。逆にいえば本によって編集されたのが私なのだ。

・古代ギリシャの哲学では一時間、二時間というふうに数値で測れる時間をクロノス(chronos)といい、そして数値で測れない質的な《時》をカイロス(kairos)といった

・「日常の経営は、日々変化する個別具体の一回性の出来事への対応である。したがって、一般的な論理分析型モデルだけではその本質を理解できない。繊細な観察から日常見過ごしている『あっ』という気づき(文学的感性)から、その背後にある真善美の根拠を考え抜き(哲学的思考)、起承転結の物語(歴史的流れ)のなかで、適時の判断と行為を起こす状況認知能力が必要である。これは自らの生き方に照らし、特殊(個別)のなかに普遍(本質)を見る能力である。」(野中郁次郎)

・老子・荘子の考えに触れるにつれて、今の世の中に通用するのは老子であり、近未来の社会に通用するのは荘子ではないか、と考えるに至った

・荘子は、さまざまなエピソードを通じて、いかに地位や名声を欲することが無駄であり、無欲が大切であるかを説いた。また世の中に有用と無用の区別などなく、地位や境遇の違った対立、上下関係なども、見かけだけのことで、結局は一つの根源的な「道」に戻っていく。

・悪い人がいるから良い人が育つ(ヒンズーの教え)

・三島由紀夫が『文章読本』に、文章の要領は「一に明晰、二に明晰、三に明晰」という森鴎外の言葉を紹介しているが、(ガリア戦記は)まさにその見本ではないか

・生前の賢治が世に出したのは『春と修羅』、『注文の多い料理店』の二冊だけ

・平安から鎌倉時代に描かれた「鳥獣戯画」における小動物の擬人化が日本の漫画のルーツであったとされ、平安末期の「信貴山縁起絵巻」において、山を飛び越す俵が連続して描かれる場面が日本のアニメーションのルーツであるなどという考え方がある。

・「ラ・ロシュフコーの箴言は人間の真理です。ドラッカーは会社の真理です。ファインマンは人生の真理です。三冊は根底で共通なのです。」


(登場する書名メモ:一部抜粋)
・贋作 吾輩は猫である(内田百閒)
・百閒先生月を踏む(久世光彦)
・石橋を叩けば渡れない(西堀栄三郎)
・歴史と名将(山梨勝之助)
・情報の歴史(松岡正剛)
・千夜千冊(松岡正剛)
・ソクラテスの弁明(プラトン)
・リーダーシップの神髄 リーダーシップにとって最も大切なこと(マックス・デプリー)
・知に働けば蔵が建つ(内田樹)
・逝きし世の面影(渡辺京二)
・ペリー艦隊日本遠征記
・ヨーロッパ人の見た幕末使節団
・代表的日本人(内村鑑三)
・武士道(新渡戸稲造)
・茶の本(岡倉天心)
・木を植えた人(ジャン・ジオノ)
・「無用」の人材、「有用」な人材 -- 〝老荘〟に学ぶ、転換期を生き抜く知恵(福原義春)

(第四章「私が影響を受けてきた本」)
・ラ・ロシュフコー箴言集(ラ・ロシュフコー)
・ガリア戦記(カサエル)
・方丈記(鴨長明)
・ご冗談でしょう、ファインマンさん(リチャード・ファインマン)
・電車の混雑について(寺田寅彦)
・史記(司馬遷)
・悪童日記(アゴタ・クリストフ)
・パーティー学(川喜田二郎)
・嘔吐(ジャン=ポール・サルトル)
・猫町(荻原朔太郎)
・陰翳礼讃(谷崎潤一郎)
・銀河鉄道の夜(宮沢賢治)
・地獄の季節(アルチュール・ランボー)
・薔薇の名前(ウンベルト・エーコ)

(この本の活用の仕方)
・単純に良書を見つけるための、参考図書として活用


だから人は本を読むだから人は本を読む
(2009/09/11)
福原 義春

商品詳細を見る
関連記事

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

Feedly
follow us in feedly
広告
プロフィール

エル

Author:エル
投資歴25年以上の個人投資家です。【L】米国株投資実践日記とは別に、FC2ブログでは読んだ本の感想のみを投稿します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
606位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
360位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリーダー
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。