スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

断言しよう、人生は変えられるのだ。 ジョン・キム

レバレッジ投資実践日記管理人のエルです。

レバレッジ投資実践日記の姉妹ブログの当ブログでは、私が読んだ本の中から、どちらかと言えば自分のために「メモ」を残しておく目的で書いているものを公開しているものです。

今回は出す本毎回ベストセラーのジョン・キム氏の最新作です。


断言しよう、人生は変えられるのだ。断言しよう、人生は変えられるのだ。
(2014/08/25)
ジョン・キム

商品詳細を見る

以前、レバレッジ投資実践日記の方では著者の2冊の本を紹介しています。

『媚びない人生』
2012年、194冊読んで良かった本

『時間に支配されない人生』
2013年、217冊読んで良かった本
(どんな本?)
・著者が10年間勤務した慶應義塾大学(特任准教授)の職を辞して過ごしたパリでひらめいた「日本で社会人向けのゼミをやってみる」。本書は第1回社会人版キムゼミ(2013年9月)のエッセンスを書籍化したもの。

(引用)

・これからの人生で問われるのは、自分自身で問題をつくることだ。

・ペンで紙にメモを取るとき、自分で快感を覚えるのは、考えていることをメモしていくと、自分の思考のスピードに対して、出力のスピードが追いつかないことだ。このタイムラグの間に、どんどん次なるものが生まれていくのである。

・沈黙を恐れるな、間をおいて話をせよ

・包む込むという感覚で相手のことを理解しようとする。その姿勢、そのオーラが、本当の意味で相手と自分の間での信頼関係を築き上げることになる。

・聞くことは観察すること、語ることは観察されること。

・無知な人がしたり顔で議論しているときにも、平然といられることが賢者の姿勢

・あえて語らないことも対話力の一つである

・自分が行く集まりは厳選したほうがいい、なぜなら、集まる人たちのエネルギーに、自分自身も大きく影響されるからだ。

・相手に主役を譲り、脇役を演じる名優となる。

・自分の時間を配分することは。自分の命を配分することと同じだ

・アメリカの思想家エマゾン「自分より優れた人に出会ったとき、どんな本を読んできたか、聞いてみなさい」

・著者が登るときに見えていた景色を想像してみる

・本を読むときに一番大事なことは、新しい視点を獲得できるかどうか

・学生から、「就職が決まって、半年間以上、時間ができたが、何をすればいいか」と問われたら、私は岩波文庫だけを読め、アドバイスしてきた。

・正解は自分で決める。人生を生きる醍醐味はまさにここにある。

・人生の目的は何か、と問われたら、自分の精神性を高めること、と私は答える。

・幸せは外にはない。自分の中にしか、見つけることはできないのだ。

・人生を変えるのは、難しいことでもなんでもない。それは一瞬にして可能となる。必要なことは視点を変えること


(著者の推薦図書)
『ゴッホの手紙 テオドル宛』
『キャッチャー・イン・ザ・ライ』
『アルケミストー夢を旅した少年』
『ゲーテとの対話』
『波止場日記』
『葉隠入門』
『生の短さについて』
『自己信頼』
『自省録』
『老子』
『幸福についてー人生論』
『フランクリン自伝』
『科学革命の構造』
『ラ・ロシュフコー箴言集』
『自助論』
『幸福論』
『ファウスト』
『エセー』
『ベートーベンの生涯』
『知性について』
『論語と算盤』
『星の王子さま』
『人生論』
『怒りについて』
『人間の土地』
『魂の錬金術』
『君主論』
『人間的、あまりに人間的』
『パンセ』
『人生談義』
『眠られぬ夜のために』

以上31冊。著者と出版社は本書でご確認ください。私はいずれ全部読みます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

Feedly
follow us in feedly
広告
プロフィール

Author:エル
投資歴20年以上の個人投資家です。レバレッジ投資実践日記(ライブドアブログ)とは別に、FC2ブログでは読んだ本の感想のみを投稿します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
692位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
396位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリーダー
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。